--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.26

新刊発売宣伝

昨日はクリスマスでしたね! 
クリスマスは恋人と過ごすもの。
私ももちろん過ごしましたよ。
そう! 毛布と!
この季節のふかふか毛布は最高です。冬に向けて洗濯し、洗剤でイイ匂いの毛布が自分色に染まってゆく……!
しかし、毛布売り場でつい新しい毛布に浮気しそうになる私をどうか許して欲しい。

毛布についてはまだまだ語れますが、宣伝です!
新刊の『黒百合の園 わたしたちの秘密』が発売されました!
今回も例によって例のごとく、見本が届いた後、表紙をじーっと見つめて妄想しました。
メディアワークス文庫公式サイトで立ち読みができます!

どんな話かというと――改稿の際、担当さんと話していて、ある登場人物を指し、「こいつが」と担当さんが珍しくそんな風に言ったとき、よし、ムカついたんだなこのキャラが! と私はちょっと嬉しかった(だから覚えている)。
そんな『黒百合の園 わたしたちの秘密』です。

企画案で担当さんに話した際は、実はタイトルをど忘れしていたのですが、『バンテージ・ポイント』という映画が本作を書いたきっかけです。
この映画は、大統領狙撃事件を、同じ時間軸、その場にいた複数の人間の視点から描いていき、だんだん真相に迫ってゆく――というような話です。
こういう描き方をしている作品として、私の中ではものすごくインパクトがありました。
面白いなあ! これをやってみたいなあ! と思いました。
しかしながら、思っただけで実行には至らず、月日だけが過ぎ――企画を考えているときに、あれを今こそ……! 
というわけで、自分なりにこの手法へチャレンジ。

そこに、
女の子が主人公の話を書きたいなあ、
と、
もやドロっとした話を書きたいなあ、
を複合合体。

実際書いてみたら、『バンテージ・ポイント』っぽい手法は、企画時に脳内妄想していた時より控えめになった気がするものの、完成したのが『黒百合の園 わたしたちの秘密』です。

以上、宣伝でした!

2013.04.26

発売

宣伝です。
新刊の『謀王』が発売中です!
『謀王』の短編もメディアワークス文庫公式サイトで公開中です!

打ち合わせで、『騙王』の続編についての話が出たとき、
「えっ? 売○てない(伏せ字は現実へのささやかな抵抗心です)のにっ? 書けるんですかっ? 書いてもいいんスかっ?」
みたいなことを担当さんに即聞き返したのも良き思い出です。
一応他の企画も出し、最終的にこれになりました。

というわけで、せっかくワンチャンスをもらえたので、売れて欲しい(これは願望なので伏せ字にしない)『謀王』だったりします。ついでに『騙王』の在庫も動くといいなあ、ついでに他の既刊も……! と欲望はとどまるところを知りません。

『謀王』の表紙は鳥越タクミさんが担当してくださいました。
背中合わせのフィッツラルドとリズ。両者が持っているものが象徴的です。
見本誌が届いてから改めてじーっと眺めていたところ、妄想力が爆発しました。

エピソードを思いついた!

これを短編のネタにしても良かったかもしれない。
もっとはやく閃いていれば……!

2013.03.30

だまおう

2013年です!
約3ヶ月遅れの挨拶です!

もうとっくに過ぎ去りましたが、年末年始はパソコンと共に実家に帰り、猫をかまいまくっていました。猫のふか毛は(ふか毛好きな)人を癒す効果があると思うんですよ。パソコンに向かい合い、合間に一息。ソファを見ると猫がアンモナイト化して眠っている! 振り返れば奴(猫)がいる生活。猫に意識がいきすぎて、再びパソコンに向き直ったときには、何を書こうとしていたかも頭から吹き飛んでいる始末です。
ふか毛ってマジで最高じゃあないですか。なぜ私はこんなにふか毛が好きなのか。原因がわからない。

そんな、猫に終わり猫で始まった今年の抱負は、ふか毛への雑念をほどほどにして書く、です。

そして、4月に新刊が出るのでサイトのほうもWORKを更新してみました。

新刊に関しては、母と電話で話していたとき、次のような会話がありました。
訊かれてタイトルを伝えたんですが、後日再び電話で話していたら、
「ほら、あれ、だまおう? だまおう、本屋さんの4月予定の紙にのってたよ」
と……。

だまおう。

待った。私はちゃんとタイトルを言ったはず……。だまおうって、かーちゃん……。
しかもそれ、しいていうなら、読み的に騙王のほうだし。かたりおうだし。でも、なんか、だまおうもいい気がしてきました。だまおう。
今回の雑記タイトルにもしてみました。4月の新刊も、実質、だまおうの続編です! だまおう流に言うと、ぼうおう? 
だまおうのほうもよろしく! ぼうおうもよろしく!

他に、サイト更新的には、リンクに『絵画の住人』の表紙を担当して下さった24さんのサイトを加えさせていただきました。
この本を執筆中、訪問した八王子の村内美術館が印象深かったので、そこに飾られていた絵もつい出したくなり、《フラジェの樫の木》などが作中に登場したんですが……なんと、この《フラジェの樫の木》、フランスの国宝になり、フランスへ渡ったようです。そうかあ、と手元にある《フラジェの樫の木》ポストカードを眺め、少しばかり寂しくなりました。
いつまでもそこに在ると思っていると、いなくなっているものなんですね。

2012.09.27

9月

9月です。
前回から時が経ちました。久しぶりの更新です。
サイト小説のほうは5月中……とか何とか過去の自分が書いていましたが、いつものようにあれは幻でした。
やっぱり一番信用ならないのは己自身ですよ。

というわけで、過去は勝手に清算し、裏やさぐれとWORKを更新しました。
25日に新刊が出たので、サイトの宣伝もはりきって新刊仕様に。
可愛らしい表紙が目印です。

興味のある方はサイトのほうをどうぞ!

2012.05.11

新刊

昨日は『乙女ゲー~2』の発売日でした。
なのでサイトも二巻の宣伝仕様に変更してみました。

そんな二巻の表紙は法条さんです。
黒髪ロングな法条さんにつられて買ってくれる人もいるに違いない! と思える表紙イラストです。
見本が届いたとき、私もまずはわくわくと開いた中のカラー口絵ももちろん必見です。

そして今回、私は一巻と二巻の表紙を見比べてみてタイトルの入れ方の違いに気づきました。

一巻は『なりました…。』がふきだし。
こっちはきっと、実は主人公が表紙にいないだけで近くにはいて、「なりました…。」って言っているんですよ。
しかし二巻は主人公はどっか別の場所なんですよ。道端でレベル5な声を聞きつけて表紙の場所まで全力疾走の最中かもしれません。そこで法条さんがタイトルと二巻の「2」を言っているわけです。

……と、表紙とタイトルから妄想できなくもない『乙女ゲー~2』、どうぞよろしくお願いいたします!


最後はサイト小説の更新について。
こりずに予定を書いておくと、たぶん5月中に裏やさぐれです。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。