TOP > ゲーム > 更新と銃声とダイヤモンド

2009.06.21

更新と銃声とダイヤモンド

サイト小説のほうを更新しました。
白き刃の四回目と新作でもない一本です。
せっかく小説倉庫を作ったんだし、一本ぐらい長編で完結済みがあっても良いよなあ……と思って投入。個人的には気に入ってるのでこれに決定。読んでもらえると嬉しいです。

さて、次の話題です。
今回の雑記記事のタイトルに入っている『銃声とダイヤモンド』。
PSPのゲームソフトのタイトルです。
『グローランサー』のためにPSPを買った私が、せっかくだし何か面白いのねーかなー、と購入した一本。6月18日発売。推理・ミステリ系統アドベンチャーです。レビューというか、感想をひとつ。
交渉人、鬼塚が主人公の全六エピソード。
一日一エピソードでやってこう、と思っていたのに!
小説書く合間に! と思っていたのに!
気がついたら全六エピソードをクリアしている始末。なんてこったい。
交渉がB判定だと、やり直してA判定にするのがマイルールでした。
ミステリ系アドベンチャーが好きで(クロス探偵物語やミッシング・パーツ、シルバー事件とか)、PSPを持っている人には波長が合って面白いんじゃないかと思います。いや、面白いはずだ!
基本は読み進めるだけですが、画はコロコロ変わるし、キモの交渉は笑えるのも多数。
私のお気に入りの交渉は、
EP5の柚木とトラッフル……交渉する気あんのか? な態度の柚木と翻弄されるトラッフルのやり取りが爽快です。人類など滅亡してしまえ! という気分に陥っている時、この交渉で遊べば負の心が笑いでみたされ癒されることうけあい。私は柚木が好きだ。EP5においてこそ彼は本領を発揮する。
EP3の神崎と犯人……逃げて下さい! は名言。そして何故か女の色気について犯人に語られる神崎。
EP4の鬼塚と犯人(爆発の言い訳)……鯨岡に関して、犯人に心から同情される鬼塚……!
です。

音楽も、交渉シーンの音楽がかかると来た来た来たー! という感じに盛り上がります。
登場人物も、憎たらしいの(主に小山田、鯨岡コンビ)を筆頭に多彩です。体験版をしてみて、きっついヒロインだなーと思っていた神崎も、本編で大分印象が変化しました。
ただ、システム周りとしては、失敗続きで交渉をやり直す時、交渉シーンはスキップが適用されない(時間経過で選択肢が変化するためだとは思うけれども)のが難点でした。タイトルに戻ればいいだけの話とはいえ、ロードがないので、あればなおグッド。
ついでにボリュームももう少しあるとパーフェクト。
ゲームから受けたイメージやストーリーなんかからは、テレビドラマでも面白いんじゃないか? です。

しかしそれにしても、読み逃したのか、気になっているのが中川さんの生死です。

COMMENT

Re: 久々に大ヒット

さくら様、コメントありがとうございます。
長らく返信せず、申し訳ありませんでした。

い、言い訳をさせて頂きますと、ブログの放置が過ぎるとコメントが承認制になってしまうらしく……ログインしてコメントの管理を参照していなかったために気づかず……本当にごめんなさい!

彼は騙りきへの感想、感謝です!
なのに現在は小説を一時撤去中で重ね重ね申し訳ないです。
商業展開……はたぶん難しいかと。

ですが、チャンスを作って頑張ろうと思います。

2010.07.18 | URL | えりき #- [ 編集 ]

久々に大ヒット

彼は騙りき、読ませていただきました
すっごく面白かったです
その後サイトを回って商業作家さんだと知ってビックリ
2冊本を出されているみたいなのでそちらの方も
買って読ませていただきたいと思います

適うなら、彼は騙りきの続編等も…
むしろ商業展開とか、淡い期待をしつつ
今後も作家活動頑張ってください

2009.10.08 | URL | さくら #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
«  | HOME |  »