TOP > 2008年04月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.23

数日遅れ

気づくのが遅れましたが、ステルスの感想を書いた20日で、サイトを開いて三年目になっていました。
いや、ブログだけで十分じゃね? 状態なのにはまあそっと目を瞑ることとしましょう。瞑って下さい。
サイトのほうもほそぼそと続けていく所存です。
今後ともよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

2008.04.20

今日の日曜洋画劇場

悟りも開けたし最低でも週一で雑記を書こう! と心密かに決意していた三月下旬。
今日の日付は四月の二十日。
はやくも頓挫しました!
やっぱり悟りは開けていないような気がする!
ちなみに実はSNSに入っていて、そっちではバリバリ更新中だぜ! なんてことも当然ない!
そんな感じです。

ところで、今日はテレビをつけたら『ステルス』という映画が日曜洋画劇場で放送されていました。なになに……。人工知能搭載の無人戦闘機が出てくる?
観る! 観る観る! てことでチャンネル固定。
………。(視聴中)
エディが欲しいなあ。
しかしエンディング後にアメリカはロシアと北朝鮮との二面戦争に突入したに違いない。
なんだかハッピーエンドに終わっていたけれども、後始末のことを考えるとちっともハッピーじゃないぞ!
他国に喧嘩を売りすぎ(しかも映画の状況下として他国側に非はない)だろうと。
でもエディは好きだ。
もうなんで私は人工知能ってやつにこんなに心をぶるんぶるんと揺さぶられるのか!
自分の先行きが不安です。

2008.04.04

ワイヤー・イン・ザ・ブラッド

『DOMIN8 ?WIRE IN THE BLOOD 4th season?』と『VOICE ?WIRE IN THE BLOOD 4th season?』が、最近見たミステリ系海外ドラマの私的ヒットでした。
何か! 何か! 気分転換! とレンタルコーナーを物色中、『DOMIN8』を発見。映画かと思いきや、よくよくみると海外ドラマらしいという記述。しかも第4シーズン。かといって第1シーズンを探そうにもその場では?だったので、ま、いいか! と借りてみました。
心理分析官のトニー・ヒルが捜査に首を突っ込み、女性刑事アレックス(今シーズンから登場)に不審の目で見られまくりながら、なんのかんのと事件を解決に導く――ようなストーリーでした。
イギリス制作のドラマで、その巻の中で事件は解決する。第一?第三シーズン未視聴でも話はわかる。間の取り方やら全体的な雰囲気が薄暗いイメージ。
あと、ヒル教授はよくわかんなくて面白い人だなー、と観る。満足。『VOICE』をレンタル。マトリョーシカ、カラカラカラコミュニケーションのヒル教授。そしてアレックスにも微妙に信頼されるように。
以前のシーズンも観よう! とネットサーフィン。
いや、調べないとシーズンの系譜がさっぱりわからないぞ『ワイヤー・イン・ザ・ブラッド』! なのです。レンタルコーナーでも海外ドラマシリーズとしての区分けがされていない! なんてこったい。
なんかこう、単発扱いです。
結構、バラバラで、映画サスペンスのコーナーに埋もれているったら埋もれている。
パッケージも、各シーズンを通してのシリーズだよ! て感じがしないのでそのせいか。
目立つナンバリングがないのが惜しい。
で、欠けは結構あったものの過去シーズン視聴。
ついでに『HEA7EN ?WIRE IN THE BLOOD 4th season?』のレンタルが今日から開始されるのを知りました。
借りに行かなければ……!
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。